忍者ブログ
洋楽弾き語りアーティスト、AORシンガーソングライターTakehitoのブログ
2018/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、TOTO名古屋公演行って参りました!



110924_2122~01.jpg









ヤバイです!ヤバイです!ヤバイです!ヤバイです!!




まだまだ興奮が冷めません(笑)



夢にまで見たジョセフウィリアムスのいるTOTO


元々、「The Seventhone」でTOTOを知ってからというもの、


洋楽の素晴らしさに感動し、ジョセフのヴォーカルスタイルに憧れ続け、


今もこうして歌っていられるのも、全て!


”今回のメンバーにより作りだされたモノ”が僕にとってのルーツ。


オープニングの「Child's Anthem」で鳥肌が立ってから、


ジョセフが登場し、あの「Till The End」を披露!


そして、次々とかつての名曲が演奏される中、


TOTOファンにはお馴染みスティーブポーカロの作品!


マイケルジャクソンHuman Nature」が、


ジョセフのボーカルで披露されました。コレがまたまたハマり役!


ジョセフのボーカルはマイケルとよく似てるんですよね!


(昔からずっと思ってましたが、強く影響受けてるんでしょう!)



ジョセフは当時のアルバムよりも声の張りも艶も良く、歌唱力も遥かに増し、


(25年程経ってるから当たり前ですね!)


完成されたボーカルに、当時同様またまた圧倒されてしまいました。



今回のセットリストで一番感動したのは「Pamera」。


サビのコーラスハーモニーには泣かされました。


あのコード進行はスペシャルマジックです!ヤバイです!ホント。。。


そして、今回残念だったのは、


サイモンフィリップスのドラムソロが短かったのと、変拍子系のインストがなかった事と、


セットリストに僕の大好きな「I'll Be Over You」がなかった事。


ジョセフのいるTOTOなだけにルカサーとのハーモニーが聴きかかった・・・


このメンバーで、いや!マイクポーカロに戻ってきてもらい、


また来日ツアーやって欲しい!!!




さて、僕もこの今回の行ったTOTO小田和正さんより貰ったエネルギーを、


自分のライブにぶつけるぞ~っ!!!(両方披露してみようかな?)



Takehito 洋楽ピアノ弾き語りライブ

9/30(金)POPCORN (八事駅すぐ)
 

21:00~ 2st   LC:500円

詳細 Takehito infomation

PR
名古屋ドーム小田和正さんのコンサートへ行ってきました。

c0871932.jpeg






a41692a2.jpeg





e079781c.jpeg






中学の時、ラジオから流れるオフコースの「黄昏れ」に衝撃を受けて以来、


ずっと小田和正さんのヴォーカルと楽曲に憧れ続けてはいましたが、


ライバルバンド、「チューリップ」の財津さん派だった僕は、


音楽は聴いていたものの、コンサートまで足を運べずにおりました。


あれから年月を経て大人になった現在、やっと!やっと!!


初めて生で小田さんのヴォーカルを堪能することができました。



驚きました!



小田さんのサービス精神に!!



小田さんといえば昔から「クールな男」と言われてましたが、


ファン想いの温かい愛情あふれる人だとよく分かりました。



一周500メートルもある野球場に7か所のステージを設け、


2回のアンコールを含め約3時間半の間、


終始ステージ間を歌いながら手を振り全速力で走りまわる・・・


還暦をとっくに過ぎた年齢とは思えない一生懸命な姿に感動!


アーティストとして大切なものを教えられた気がしました。



コンサートでは、ソロになってからの曲に限らず、


聴きなれたオフコース時代の曲も盛りだくさん!


僕もステージでよく歌う「秋の気配」「言葉にできない」他、嬉しい選曲の数々。


(自分との違いを改めて再確認・・・)


特に「Yes-No」は鳥肌が立ちました。素晴らしいオーラを秘めている曲です!



ドームでのライブは音の反響が凄く聴き取りにくいのが残念ですが、


何千人ものお客さんの「感動オーラ」がドーム内を浮遊しているようで、


まるで多くの人にエネルギーを分けてもらったような?


通常のコンサート会場には無い「不思議な感覚」を味わえました。




そして、コンサートが終わった時に思いました。




小田さんありがとう!!




僕も次週のライブでこの感動を活かします!!


9/30(金) Takehito洋楽ピアノ弾き語りライブ!
カフェバーPOPCORN (名古屋八事)
21:00~ 2st LC:500円 



「秋の気配」歌おうかな?


詳細  Takehito infomation
お盆休み真っ只中の今日、


外にも出かけず、せっせと今週末のライブのリハをしております。


さて、そんな暑い夏の日の今日は、



Stephen Bsishop (スティーブン・ビショップ)の、 

「It Might Be You」(君に想いを)




をカバーしております。


僕はオムニバスCDの中に入っていて知っていたのですが、


とても美しいメロディの魅力溢れる曲で、


以前からとても気になっていました。



映画「トッツィー」の主題歌で、83年に25位を記録。


作曲はあのDave Grusin!


なるほど!よく出来てる訳です。


印象的なイントロからして、AORの王道ですね!


一見シンプルに見えて、音楽マジック盛りだくさん♪


「All Of My Life~」の部分がキメ台詞のようで、


実は次ブロックの頭になり、終わりなく繰り返されるメロディ。


聴いてる人に錯覚を起こせる訳です。


だからAORは聴いていておもしろい!



次回披露します!




Takehito 洋楽ピアノ弾き語り

8/20(土)名古屋池下 BarStrega
(20:00~ 2st  500円) 

Takehito infomation
プロフィール
HN:
Takehito
HP:
性別:
男性
職業:
アーティスト
自己紹介:
AORシンガーソングライター、洋楽ピアノ弾き語りアーティスト、作曲・編曲家、トラックメーカー

Birth.4.20、A型、愛知県生。3才の頃よりクラッシクピアノを始め、中学の時、財津和夫率いる「チューリップ」の音楽にショックを受け弾き語りコピーを始める。同時期よりギター、作詞作曲を始め、メジャーデビューを志す。高校時代ではバンドを組みドラムスを担当。

上京し、音楽学校でジャズ理論、コンピューターミュージックなどを学ぶ。この頃より、AOR(アメリカ西海岸音楽)に強く影響を受け、日本語によるオリジナルAORの制作を始める。卒業後は、各種イベントや映像音楽など数多く提供。さらなるヴォーカル力向上の為、安田直弘、譜久里ゆかり、楠木勇有行らに師事し、自身のライブ活動、デモ制作を続ける。

2001年レーベルのオーディションに合格。2003年一人多重録音による日本後AOR「CRY」発売(全国流通)。好評を頂きオリコンデータベース登録(メジャー登録)される。同年プロベーシスト山之内伸治らと「弁天社中」結成。東京でのライブ活動後、’06脱退。

現在は愛知へ帰省し、地元名古屋を中心にレストランやバーなどでの弾き語り活動、楽曲提供などにも幅を広げている。
バーコード

Copyright © Takehitoのブログ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]