忍者ブログ
洋楽弾き語りアーティスト、AORシンガーソングライターTakehitoのブログ
2019/04月

≪03月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05月≫
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビルカントス、かつてはユートピア・・・



以前からやりたかった曲でもあり、


お客様のリクエスト曲でもある



Love Is The Answer  



を、ピアノ弾き語りカバーしています。



元々は、ドットラングレンが在籍していたプログレバンド「ユートピア」の名曲でもあり、


ドットラングレンによる作曲&リードボーカル曲でもあります。


僕の中では、AORシンガーソングライター「ビルカントス」のイメージが強く、


バンド在籍時に、ライブでも何度か披露した事もある思い出深い曲です。



曲そのものは「さすが!ドットラングレンの曲!!」と言わんばかりの、


アイデア満載!隠し味たっぷりの大変グレードの高い曲で、


初めて聴かれる方も、この曲の魅力に取りつかれる事でしょう。



・・・とは言っても僕が魅力を引き出さなければいけませんが



次回、披露しますよ!!




2011年4月17日(日) Bar Strega (池下駅すぐ)

20:00~2ステージ ライブチャージ 500円 

※今回も東北大地震の義援金として全額寄付させて頂きます。



●詳細
Takehito infomation
PR
Stregaライブがあと一週間と迫った今日は、


イギリスポップス界の帝王!フィルコリンズの、


A Groovy Kind of Love をカバーしております。



●Groovy Kind Of Love(恋はごきげん)

自ら主演を努めた映画「バスター」のメインテーマ曲。

ザ・マインドベンダーズのカバーで1988年全米・全英ナンバーワン獲得。
 


フィルコリンズ、映画の主演もしてたんですねえ。


歌手、楽曲制作にセッションドラマー、俳優、プロデューサー・・・



出す曲は全て大ヒット!



一体、いくら稼いだのでしょうか?(笑)


正にスーパースターです!


しかもまだ現役で、昨年アルバムも発表したとの事。




★次回披露します・・・


2011年2月20日(日)Bar Strega(名古屋 池下駅すぐ)
(20:00~ 2ステージ)
※ゲスト:SEIKO K 
(有名ジャズライブハウスなどで活躍中人気シンガーSEIKO Kと、AORの名曲をコラボします)


2011年2月25日(金)POPCORN(名古屋 八事駅すぐ)
(21:00~ 2ステージ)


●詳細
Takehito infomation

スティングの80年代の代表曲、



Englishman in New York 」をカバーしております。



ソプラノサックスのオブリが心地よい、Stingらしい楽曲!



大変いい曲で僕も大好きな曲ですが・・・



結構むずかしいです・・・( ̄∀ ̄;)汗



きっとStingは、エルトンジョンと同じ歌詞先行なんでしょうか?



「Sheap of my haert」と同様で、メロディの乗せ方が毎回違っています!



そして、裏拍を刻みながらの弾き語り・・・



そして、間奏ではジャズソロに・・・



そして・・・



「ドンッカッッ、ドンッドドンッカッッ・・・」 何故か突然のドラムのブレイク!



果たして、来週POPCORNまでに間に合うのか???





1月28日(金)21:00~

カフェバーPOPCORN (名古屋 八事駅すぐ)

(2ステージ ライブチャージ500円)


●詳細

Takehito infomation
プロフィール
HN:
Takehito
HP:
性別:
男性
職業:
アーティスト
自己紹介:
AORシンガーソングライター、洋楽ピアノ弾き語りアーティスト、作曲・編曲家、トラックメーカー

Birth.4.20、A型、愛知県生。3才の頃よりクラッシクピアノを始め、中学の時、財津和夫率いる「チューリップ」の音楽にショックを受け弾き語りコピーを始める。同時期よりギター、作詞作曲を始め、メジャーデビューを志す。高校時代ではバンドを組みドラムスを担当。

上京し、音楽学校でジャズ理論、コンピューターミュージックなどを学ぶ。この頃より、AOR(アメリカ西海岸音楽)に強く影響を受け、日本語によるオリジナルAORの制作を始める。卒業後は、各種イベントや映像音楽など数多く提供。さらなるヴォーカル力向上の為、安田直弘、譜久里ゆかり、楠木勇有行らに師事し、自身のライブ活動、デモ制作を続ける。

2001年レーベルのオーディションに合格。2003年一人多重録音による日本後AOR「CRY」発売(全国流通)。好評を頂きオリコンデータベース登録(メジャー登録)される。同年プロベーシスト山之内伸治らと「弁天社中」結成。東京でのライブ活動後、’06脱退。

現在は愛知へ帰省し、地元名古屋を中心にレストランやバーなどでの弾き語り活動、楽曲提供などにも幅を広げている。
バーコード

Copyright © Takehitoのブログ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]