忍者ブログ
洋楽弾き語りアーティスト、AORシンガーソングライターTakehitoのブログ
2019/04月

≪03月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05月≫
[8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いよいよ今週末に弾き語りライブが迫った今、


せっせと特訓に励んでおります。


現在は、前回のStregaで頂いたリクエスト曲、



Billy Joelの「Movin Out」



を必死でカバーしています。



難しいです・・・( ̄∀ ̄;)汗



ベースのリフと、Attack ack ack ack ack ack ack・・・の歌詞が印象的な、


ユーモアセンスあるビリージョエルの名曲!


ステージ映えしそうな感じがするので、是非弾き倒したいです。


手を付けてから、約1週間は経ったかな?


通常の倍は時間がかかりましたが、ようやく形になってきました。


ライブまであと一週間を切りましたが、モノにしてやります♪



10月15日(金)POPCORN(名古屋 八事駅すぐ)21:00~

10月17日(日)Bar Strega(名古屋 池下駅約2分)20:00~


で披露します。お楽しみに・・・


●詳細

Takehito infomation
PR
久々の日記となってしまいました。


朝晩は涼しくなり、秋を感じさせる気候になりましたね。


僕は相変わらず、仕事の合間にリクエスト曲のカバーに励んでおります。


さて、皆さんに頂きましたリクエスト曲のひとつ、



バリーマニロウ / Ready To Take A Chance Again



私は知らなかった曲でしたが、今ではすっかり気に入ってしまい、この曲のトリコです♪



Barry Manilow バニーマニロウ
1943年ニューヨーク生まれ。歌手・ピアノスト・作曲家・アレンジャー
プロデューサーとしても、ベット・ミドラーディオンヌ・ワーウィック
ローズマリー・クルーニーなどのアルバムをプロデュースした事でも有名。

Ready To Take A Chance Again愛に生きる二人)は、
映画「ファールプレイ」監督:コリン・ヒギンズ
主演:ゴールディー・ホーン、チェヴィ・チェイス、ダドリー・ムーア
からの主題歌で、1978年のヒット曲です。




いや~!よく出来た曲です!



(毎回言っているような気がしますが・・・笑)


印象的なメロディは、メロディのみの力だけでなく、


クリシェ(ベース下降)を利用したコード進行を土台として、


代理和音をセンス良く効果的に使った上で、成り立っている様に思います。


半音上への突然転調も、背筋をぞぞっとさせるような気持ちになります(笑)



「AORの鏡!」



と言える位、お洒落でアイデアがギッシリ入った・・・



スパイス十分な名曲です!



僕は今頑張ってカバー中ではありますが、何となく・・・



「僕に合っている!」



感じがしています。


上手く歌いこなして自分の代表カバー曲になればいいな~♪




さて、次回・・・


9月19日(日)Bar Strega(名古屋:池下駅すぐ)

(20:00~ 2ステージ)


で披露致します。


●詳しくは・・・
Takehito infomation


★お時間のあられる方、是非お越しくださいね♪

最近、以前からお越し頂いてるお客様(sさん)の洋楽リクエスト曲、


All By My Self / Eric Carmen  オールバイマイセルフ/エリックカルメン


ピアノ弾き語りカバーしてみました。


1975年の大ヒット曲ですので、その年代の方々はご存知だとは思いますが、


車のCMなどにも使われるので、お若い方もきっと耳にされた事があるかとは思います。



この曲のサビ部分、「All By My Self~♪」の部分が、僕にはどうも・・・



オーバマさ~ん♪



と聴こえてしまうのは空耳でしょうか(笑)


僕の中では、既に日本語タイトル「オバマさんの歌」でございます




さて、冗談はさておき、この曲も素晴らしいクオリティです!


(毎回、スタンダード曲の素晴らしさを思い知らされるのも楽しみではあります!)


今聴いても全く古さを感じさせないのが不思議!


お馴染みのインパクトあるサビメロディはもちろん!


曲間奏ではピアノソロがあるのですが、この部分は、


「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章のメロディー」


を基にしたそうで、楽曲をよりクラシカルでドラマティックにさせているのも特徴です。




次回、8月20日(金)のPOPCORN (21:00~2ステージ)で披露します。


今回は先月のライブより、お陰様でレパートリー6曲追加する事が出来ました。


お時間ある方、是非遊びに来てくださいね!


●詳細

Takehito infomation
プロフィール
HN:
Takehito
HP:
性別:
男性
職業:
アーティスト
自己紹介:
AORシンガーソングライター、洋楽ピアノ弾き語りアーティスト、作曲・編曲家、トラックメーカー

Birth.4.20、A型、愛知県生。3才の頃よりクラッシクピアノを始め、中学の時、財津和夫率いる「チューリップ」の音楽にショックを受け弾き語りコピーを始める。同時期よりギター、作詞作曲を始め、メジャーデビューを志す。高校時代ではバンドを組みドラムスを担当。

上京し、音楽学校でジャズ理論、コンピューターミュージックなどを学ぶ。この頃より、AOR(アメリカ西海岸音楽)に強く影響を受け、日本語によるオリジナルAORの制作を始める。卒業後は、各種イベントや映像音楽など数多く提供。さらなるヴォーカル力向上の為、安田直弘、譜久里ゆかり、楠木勇有行らに師事し、自身のライブ活動、デモ制作を続ける。

2001年レーベルのオーディションに合格。2003年一人多重録音による日本後AOR「CRY」発売(全国流通)。好評を頂きオリコンデータベース登録(メジャー登録)される。同年プロベーシスト山之内伸治らと「弁天社中」結成。東京でのライブ活動後、’06脱退。

現在は愛知へ帰省し、地元名古屋を中心にレストランやバーなどでの弾き語り活動、楽曲提供などにも幅を広げている。
バーコード

Copyright © Takehitoのブログ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]