忍者ブログ
洋楽弾き語りアーティスト、AORシンガーソングライターTakehitoのブログ
2017/09月

≪08月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [65]  [66]  [64]  [63]  [62]  [61
昨日、TOTO名古屋公演行って参りました!



110924_2122~01.jpg









ヤバイです!ヤバイです!ヤバイです!ヤバイです!!




まだまだ興奮が冷めません(笑)



夢にまで見たジョセフウィリアムスのいるTOTO


元々、「The Seventhone」でTOTOを知ってからというもの、


洋楽の素晴らしさに感動し、ジョセフのヴォーカルスタイルに憧れ続け、


今もこうして歌っていられるのも、全て!


”今回のメンバーにより作りだされたモノ”が僕にとってのルーツ。


オープニングの「Child's Anthem」で鳥肌が立ってから、


ジョセフが登場し、あの「Till The End」を披露!


そして、次々とかつての名曲が演奏される中、


TOTOファンにはお馴染みスティーブポーカロの作品!


マイケルジャクソンHuman Nature」が、


ジョセフのボーカルで披露されました。コレがまたまたハマり役!


ジョセフのボーカルはマイケルとよく似てるんですよね!


(昔からずっと思ってましたが、強く影響受けてるんでしょう!)



ジョセフは当時のアルバムよりも声の張りも艶も良く、歌唱力も遥かに増し、


(25年程経ってるから当たり前ですね!)


完成されたボーカルに、当時同様またまた圧倒されてしまいました。



今回のセットリストで一番感動したのは「Pamera」。


サビのコーラスハーモニーには泣かされました。


あのコード進行はスペシャルマジックです!ヤバイです!ホント。。。


そして、今回残念だったのは、


サイモンフィリップスのドラムソロが短かったのと、変拍子系のインストがなかった事と、


セットリストに僕の大好きな「I'll Be Over You」がなかった事。


ジョセフのいるTOTOなだけにルカサーとのハーモニーが聴きかかった・・・


このメンバーで、いや!マイクポーカロに戻ってきてもらい、


また来日ツアーやって欲しい!!!




さて、僕もこの今回の行ったTOTO小田和正さんより貰ったエネルギーを、


自分のライブにぶつけるぞ~っ!!!(両方披露してみようかな?)



Takehito 洋楽ピアノ弾き語りライブ

9/30(金)POPCORN (八事駅すぐ)
 

21:00~ 2st   LC:500円

詳細 Takehito infomation

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
プロフィール
HN:
Takehito
HP:
性別:
男性
職業:
アーティスト
自己紹介:
AORシンガーソングライター、洋楽ピアノ弾き語りアーティスト、作曲・編曲家、トラックメーカー

Birth.4.20、A型、愛知県生。3才の頃よりクラッシクピアノを始め、中学の時、財津和夫率いる「チューリップ」の音楽にショックを受け弾き語りコピーを始める。同時期よりギター、作詞作曲を始め、メジャーデビューを志す。高校時代ではバンドを組みドラムスを担当。

上京し、音楽学校でジャズ理論、コンピューターミュージックなどを学ぶ。この頃より、AOR(アメリカ西海岸音楽)に強く影響を受け、日本語によるオリジナルAORの制作を始める。卒業後は、各種イベントや映像音楽など数多く提供。さらなるヴォーカル力向上の為、安田直弘、譜久里ゆかり、楠木勇有行らに師事し、自身のライブ活動、デモ制作を続ける。

2001年レーベルのオーディションに合格。2003年一人多重録音による日本後AOR「CRY」発売(全国流通)。好評を頂きオリコンデータベース登録(メジャー登録)される。同年プロベーシスト山之内伸治らと「弁天社中」結成。東京でのライブ活動後、’06脱退。

現在は愛知へ帰省し、地元名古屋を中心にレストランやバーなどでの弾き語り活動、楽曲提供などにも幅を広げている。
バーコード

Copyright © Takehitoのブログ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]